チョークの再利用と作り方!論文から学ぶエコな再生法もご紹介

チョークの再生方法と再利用術!論文からエコに活用する方法を知ろう

短くなったチョークを捨てるのをもったいないと思ったことはありませんか?

チョークを再利用する方法があれば嬉しいですよね。

この記事では、

  • チョークの再利用と作り方
  • 論文から学ぶエコな再生法

を詳しく紹介していきます。

チョークの再利用を含む、環境に優しいチョークの再生方法を知ってください。

さらに論文から見つけた意外な使い方もご紹介します。

ぜひ一緒に、チョークの再利用を通じてエコへの理解を深めましょう。

目次

再利用する前にチョークの原料と安全性を確認

再利用する前にチョークの原料と安全性を確認

再利用する前にチョークの原料と安全性について知っておくことが大切おきましょう。

安心して再利用するための原材料と危険性を紹介します。

チョークの原材料と歴史

チョークの原材料と歴史を紹介します。

  • チョークは古くから使われ、原材料は主に石灰や貝殻、卵の殻などが用いられる
  • 素材は自然界に豊富に存在し、環境にも安全
  • ヨーロッパでは15世紀、日本では明治時代にフランスの石膏チョークを輸入し、国産化が開始される

それでは、石灰・貝殻・卵の殻の作り方や安全性を以下に紹介します。

石灰を使った作り方

石灰を使った作り方をを紹介します。

  1. 石灰石を粉砕して焼く
  2. 水と混ぜて練りながら整形してペースト状にする
  3. プラスチックや粘土などの型にいれる
  4. 乾燥させてチョークが完成
  • チョークの主要な原料は石灰石を用いられ、炭酸カルシウムが 60 %以上含まれているものと規定されている
  • 石灰チョークは天然素材で作られ、土壌のpHを中和させる働きがあり、作物の生育に良い影響を与える
  • チョークの粉が目や肌に入ったり、吸い込んだりすると刺激を与える可能性があるので注意

ホタテの貝殻を使った作り方

ダストレスチョークは飛散が少ないのが特徴で、ホタテの貝殻を配合したチョークを指します。

ホタテの貝殻を使った作り方を紹介します。

  1. ホタテの貝殻を粉砕して焼く
  2. 粉砕された貝殻を石灰と混ぜる
  3. 水で練って成型する
  4. 乾燥させてチョークが完成
  • ホタテの貝殻は産業廃棄物として捨てられていたものが、チョークの原料として再利用されている
  • ダストレスチョークは、空気中に浮遊する粉塵を減らすことで、呼吸器やアレルギーの問題を軽減する効果がある
  • ホタテ貝は高純度・高白色度の炭酸カルシウムが主成分であり、土壌改良に役立

卵の殻を使った作り方

卵の殻を使った作り方を紹介します。

  1. 卵の殻を粉砕する
  2. 小麦粉と水で練ったものを成型
  3. 乾燥させてチョークが完成
  • 卵の殻はカルシウムが豊富で、土に還すと肥料になり環境にやさしい

チョークの粉塵によるじん肺の危険性

チョークの粉塵は、長時間吸引するとじん肺の原因となることがあります。

じん肺とは、粉塵を長期間吸い込むことで、肺に炎症や瘢痕ができる病気です。

チョークの粉塵は目に見えないほど細かく、吸い込むと肺胞まで届き、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

粉塵対策として飛散が少ないダストレスチョークを使用する学校が増えているようです。

小さくなったチョークの使い道と再利用アイディア

小さくなったチョークでも、役立つ方法があります。

ここでは、短くなったチョークの使い道と再生利用のアイデアを3つ紹介していきましょう。

短くなったチョーク:チョークホルダーでできるだけ短くなるまで使う

チョークホルダーを使用すれば、短くなったチョークも無駄なく使い切れます。

これにより、チョークの寿命が延び、無駄も減らせるでしょう。

  • チョークの長さを調整できるので、短くなっても使いやすい
  • チョークと手を隔てるので、チョーク粉で手が汚れるのを防ぐ
  • 黒板との距離を一定に保つので、書きやすさと裾汚れ防止に役立つ

    チョークの粉と短くなったチョークを使って再生チョークを作る

    チョークの粉と短くなったチョークを使って、再生チョークを作れます。

    この方法で、新しいチョークを作れて、資源の節約にもつながるのです。

    • 再生チョークはチョークの粉や短くなったチョークを水と混ぜて成形するだけで作れる
    • 再生チョークは色素や模様を加えたり、型を変えたりすることで、オリジナルのチョークができる
    • 再生チョークは水の量や乾燥時間によって、チョークの強度や書き心地を調整できる

      小学校の実験学習で食用チョークも作れる

      食用チョークは、小学校の実験学習で作れます。

      これにより、子どもたちが環境やリサイクルに関心を持つきっかけにもなるでしょう。

      • 食用チョークは天然の粉砕チョーク、水、でんぷんを使って作る
      • 色素や模様を加えたり、型を変えたりすることで、楽しく学習できる

      再生チョークの作り方

      再生チョークの作り方

      再生チョークの作り方は簡単で、以下の手順で作成できます。

      1. 袋に入れて砕く
      2. 袋にチョークの粉と水を入れる
      3. 練る
      4. 型に入れて固める

      ①短くなったチョークを袋に入れて砕く

      1. チョークのコーティングをはがし、チョークを袋に入れる
      2. 袋の口をしっかりと閉じて、手で握ったり、棒などで叩いたりする
      3. 粉の大きさは均一になるまで粉々にする

      袋が破れないように、激しく叩かないようにしましょう。

      ②袋にチョークの粉と水を入れる

      次に、袋にチョークの粉と水を入れて、ペースト状になるまでよく混ぜます。

      1. 袋に入れたチョークの粉に水を加える
        ※チョークの粉12.5gに対して水4~5mlほど
      2. 袋の口を閉じてよくもむ
      3. ペースト状になるまでよく混ぜる

      水の量が多すぎると、チョークが固まらなくなるので、水分量は適量にしましょう。

      ③練る

      1. 袋から出したチョークのペーストを手でこねる
        ※ラップやビニール手袋を使うと手が汚れない
      2. 空気を抜くように丁寧に練る
      3. ペーストがべとつかなくなるまで練る

      チョークが割れやすくなるので、練りすぎないようにしましょう。

      ④型に入れて固める

      1. 練ったチョークのペーストを型に入れる
        ※型はプラスチックの空きビンやプラ板などを使う
      2. 型に入れたら、指で押して空気を抜く
      3. 乾燥させ固まったら再生チョークが完成

      時間がかかりすぎると流し込む途中で固まってしまうので、手早く作業しましょう。

      再生チョーク作りの注意点

      一般的な再生チョークを作るときの注意点を紹介します。

      • 粉末が目に入らないように注意する。目に入った時は流水で洗浄し、眼科へ受診する
      • 皮膚が過敏な人やアレルギー体質の人は炎症を起こすことがあるので、保護手袋などで対応する
      • 石膏は発熱しながら固まり、高温になる場合がある。熱が下がるのを待って抜く
      • 原料の粉は水に濡れると固ので、流しには捨てない。詰まることがある

      再生ダストレスチョークを作るときの注意点も紹介します。

      論文や卒業研究から知るチョークの意外な使い方

      論文や卒業研究から知るチョークの意外な使い方

      論文や卒業研究を調べることで、チョークの意外な使い方が見つかります。

      以下に4例を紹介します。

      チョークの粉を肥料として利用

      下記の論文では、「土壌には、石灰や苦土などの塩基があり、土壌の酸性度や植物の成長に影響する」とありました。

      塩基が多いと土壌が中性に近づき、植物が元気になるため土壌が改良されます。

      その結果、植物の収量が上ることになるので、チョークの粉は肥料として最適です。

      チョークの粉は、カルシウムが豊富で肥料としても利用でき、植物の成長を助けられるでしょう。

      土壤中に実際に存在する活性石灰又は交換性石次の量をその土壤の飽和し得る量と関連して考える事が,土壤の肥 沃の最も重要な要素である。就中交換性石灰は土壤溶 液の組成,植物及微生物に有効 な石次量,施された肥料の成行や有効性に影響する。

      出典:イギリスにおける農業用石灰の役割と指針 – J-Stage

      チョークの粉を水質浄化に活用

      日本分析化学専門学校の卒業研究で「チョークを用いた水質浄化」テーマに研究を行ったようです。

      短く使えなくなった廃棄物のチョークの成分には、炭酸カルシウムが含まれます。

      炭酸カルシウムは水中の汚れを吸着する性質をもっており、水質浄化も役立つようです。

      「卒研では、水の浄化をテーマにしたいとずっと考えていました」
      「廃棄物を使って水をきれいにする方法はいくつか知られていて、
      中でも貝殻を使った方法が有名です。その主成分は炭酸カルシウムです。
      自分たちの身近なもので何かないかと話し合っているときに、
      短くて使えなくなったチョークが目に留まって。
      これを使ってみよう!ということになりました。」

      出典:余ったチョークの意外な使い方~卒業研究~

      チョークの粉を畑の土壌改善に利用

      岡山県立真庭高等学校の実験結果から、チョークの粉を畑の土壌改善に利用できることが分かりました。

      廃チョークを石灰の代わりとして利用することで、土壌 p H の改良します。

      チョークはカルシウムが豊富であることから、土壌のpHを中和させる働きがあり、作物の生育に良い影響を与えるのです。

      廃チョークで改良を行った土壌と行っていない土壌で育てたゴーヤの比較実験を行ったところ、廃チョークで改良を行った土壌で育てたゴーヤの方がよく成長することが明らかとなった。

      これより、廃チョークを使って、石灰の代わりとして土壌 p H の改良が可能であることがわかった。

      出典:廃チョークを土壌改良剤として利用可能か評価実験

      チョークの粉を校庭のライン引きに活用

      静岡県立榛原高等学校の研究により、チョークの粉を校庭のライン引きに活用できる研究が進められています。

      これにより環境に優しいライン引きが可能となり、子どもたちの遊び場を安全に保てるでしょう。

      取り組んだのが、廃チョーク粉をグラウンドのライン引きに利用することだった。

      グラウンドのライン引き等に応用できる可能性を示した。

      出典:廃チョーク有効利用プロジェクト

      使い終わったチョークの廃棄方法:可燃ごみ

      使い終わったチョークの廃棄方法:可燃ごみ

      使い終わったチョークは、可燃ごみとして捨てられます。

      ただし、地域によっては分別方法が異なる場合があるため、各自治体のごみ分別ルールに従って廃棄しましょう。

      また、できるだけ再利用やリサイクルを検討することで、環境負荷を減らせます。

      まとめ

      本記事では、チョークの再利用と作り方や論文から学ぶエコな再生法について紹介しました。

      1. 再利用する前にチョークの原料と安全性を確認
      2. 小さくなったチョークの使い道と再利用アイディア
      3. 再生チョークの作り方
      4. 論文や卒業研究から知るチョークの意外な使い方
      5. 使い終わったチョークの廃棄方法

        チョークの再利用や再生方法を知ることで、環境保護や資源の節約に活かせると思います。

        ぜひ再生チョークを作ってみてはいかがでしょうか。

        よかったらシェアしてね!
        • URLをコピーしました!
        • URLをコピーしました!

        この記事を書いた人

        コメント

        コメントする

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        目次