乾燥剤の再利用と効果的な使い方!再生できる種類と方法を知ろう

乾燥剤の再利用方法(シリカゲルと石灰乾燥剤)

食品などを購入すると大抵入っている乾燥剤。

毎回捨ててしまう乾燥剤を再利用できるのか気になりますよね。

本記事では

  • 再利用できる乾燥剤の種類や方法
  • シリカゲルの再利用方法
  • 石灰乾燥剤の土壌利用
  • 乾燥剤の捨て方

などについて解説します。

乾燥剤の再利用方法を知り、日常生活にエコを取り入れてみましょう。

目次

乾燥剤の種類と特徴:再利用する前の知識

乾燥剤の種類と特徴

乾燥剤にはさまざまな種類があり、それぞれ特徴が異なります。

ここでは、代表的な乾燥剤の種類と特徴について解説していきます。

シリカゲルA型B型の特徴

シリカゲルは乾燥剤でも有名で、透明または青色の粒状で透明な袋に入っています。

特徴として、吸湿効果がありますが、膨らむこともないので一般的よく用いられます。

また、シリカゲルはA型とB型に分かれており、それぞれ異なる用途に適しています。

シリカゲルA型の特徴と効果:食品、電子部品、医薬品等などに利用される

シリカゲルA型の特徴

出典:TRUSCO

シリカゲルA型は、食品、電子部品、医薬品等などの保管に最適です。

吸湿スピードが非常に早く、カビを防ぐ効果があります。

シリカゲルB型の特徴と効果:木製楽器や木工品などに利用される

シリカゲルの特徴

出典:アズワン

シリカゲルB型は、木製楽器や木工品などの保管に適しています。

湿気を吸収し、木製品の変形や割れを防ぐ効果があります。

石灰乾燥剤の特徴と効果

石灰乾燥剤の特徴

出典:TRUSCO

石灰乾燥剤は、湿気を吸収し、カビを防ぐ効果があります。

また、水に濡らすと石灰乾燥剤は消石灰になります。

この性質を利用して、土壌のpH調整に活用できます。

塩化カルシウムの特徴と効果

塩化カルシウムの特徴

出典:あかぎ園芸

塩化カルシウムは、強力な吸湿性があり、特に高湿度の環境で効果を発揮します。

下駄箱や衣類を保管する押し入れ、クローゼットなど広い空間の湿気取りに使用されています

合成ゼオライトの特徴と効果

合成ゼオライトの特徴

出典:ケニス株式会社

合成ゼオライトは、石油精製や脱水剤として使用されるほか、家庭用の乾燥剤としても利用できます。

水分を吸収し、悪臭を除去する効果があります。

脱酸素剤の特徴と効果

脱酸素剤の特徴

出典:ニッソーファイン株式会社

脱酸素剤は、酸素を吸収し、酸化を防ぐ効果があります。

食品や医薬品の保存に適しています。

再生できる乾燥剤の種類と方法

再生できる乾燥剤の種類と方法

再生できる乾燥剤は、シリカゲルや石灰乾燥剤などがあります。

ここでは、それぞれの再生方法について解説します。

シリカゲルの再生方法

シリカゲルは乾燥させることで再利用可能です。

具体的には下記の通りです。

  • 電子レンジを利用する方法
  • 天日干しする方法

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電子レンジを利用する方法

シリカゲルを電子レンジ再利用する方法

シリカゲルA型は、電子レンジで加熱することで再生できます。

700W程度で1回1分30秒~2分程度の加熱を何度か繰り返して乾燥します。

天日干しで乾燥させる方法

ふとん用やタンス用乾燥剤に使われているシリカゲルは、天日干しで乾燥できますが、時間がかかります。

ステンレストレーの上にシリカゲルを置き、天日干しすると、およそ2~3時間で再利用可能な状態になります

快晴のお昼ごろに天日干ししましょう。

再生時の注意点:加熱しすぎると爆発する

シリカゲルを電子レンジで再生する際は、加熱しすぎると爆発の危険があるため注意が必要です。

1分30秒~2分程度の加熱を何度か繰り返して、爆発しないように加熱する

シリカゲルの再利用回数

シリカゲルは、天日干しや電子レンジを使った再生方法を繰り返すことで、何度も再利用できます

ただし、シリカゲルの寿命は半年から1年程度といわれています。

寿命を目安に再利用しましょう。

石灰乾燥剤の畑や園芸など土壌への利用

石灰乾燥剤の再利用

石灰乾燥剤は土壌への再利用が可能です。

ここで紹介する方法で再利用にチャレンジしてみてください。

消石灰の土壌pH調整効果:土壌改良剤として使える

消石灰は、土壌のpHを調整する効果があります。

酸性の土壌に消石灰を添加することで、土壌のpHを中性に近づけることができ、植物の生育に適した環境を整えられます。

石灰乾燥剤(消石灰)は土壌のpHを酸性からアルカリ性に調整する

石灰乾燥剤(消石灰)の土壌への使い方

石灰乾燥剤は下記の手順で土壌へ利用できます。

  1. 石灰乾燥剤を水に濡らす
  2. 濡れた石灰乾燥剤を土壌に混ぜ込み、均一に分散する

石灰乾燥剤は水に濡れると消石灰へ変化します。

石灰乾燥剤を利用する場合は、消石灰の状態で土壌へ利用しましょう。

燃えるゴミ?乾燥剤の捨て方とゴミ分別の方法

乾燥剤の捨て方

一般的には、乾燥剤は燃えるゴミとして処分されることが多いですが、地域によっては異なる場合があります。

そのため、地域のゴミ分別ルールを確認し、乾燥剤を処分してください。

まとめ

今回は、乾燥剤の再利用について解説しましたが、いかがでしたか?

まとめると

  • 再利用できる乾燥材はシリカゲルや石灰乾燥剤
  • シリカゲルは電子レンジで温めると再利用可能
  • 石灰乾燥剤は水に濡らして消石灰にしてから土壌へ利用する
  • 乾燥剤は各地域のゴミ分別ルールに従って捨て

ということでしたね。

乾燥剤の再利用は、資源の節約や環境負荷の軽減につながります。

シリカゲルや石灰乾燥剤など、再利用できる乾燥剤の特徴と再生方法を理解し、資源の節約や環境保護に貢献しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次