ゴルフクラブのグリップを切らないで再利用する抜き方と交換方法

愛用のゴルフクラブのグリップを切らないで再利用できないかと考えたことはありませんか?

この記事では、

  • ゴルフクラブのグリップを切らないで抜く方法
  • 交換する方法

を詳しく紹介していきます。

これらの方法を知ることで、あなたはグリップの寿命を延ばしながら、費用や時間を節約できるようになるでしょう。

信頼できるゴルフクラブのメンテナンス情報と、実践しやすい手順や注意点を紹介しています。

記事内容を参考に、ゴルフグリップを早速再利用してみてはいかがでしょうか。

目次

再利用に適したゴルフクラブのグリップの種類と特徴

再利用が可能な3つのグリップの種類や特徴を表でまとめました。

3つのクリップの共通した特徴として、耐久性が高く、長期間使用しても劣化しにくいことがあり、再利用に適していると言えます。

グリップの種類 特徴
ラバーグリップ
  • 摩擦力が高く滑りにくい
  • 耐久性が高く再利用が可能
  • 劣化しづらく長期間使用できる
シリコングリップ
  • 手触りが良く滑りにくい
  • 耐久性が高く再利用が可能
  • 劣化しづらく長期間使用できる
コードグリップ
  • 握りやすく滑りにくい
  • 耐久性が高く再利用が可能
  • 劣化しづらく長期間使用できる

    再利用に適したゴルフクラブのグリップには、リサイクル素材環境に優しい素材を使用したものもあります。

    ゴルフクラブのグリップを再利用するための抜き方3選

    グリップ再利用における3つの主要な抜き方を紹介します。

    1. グリップパーツクリーナーと注射器での抜き方
    2. 交換溶液の代用として灯油を使っての抜き方
    3. エアーコンプレッサーでの抜き方

    グリップパーツクリーナーと注射器での抜き方

    グリップパーツクリーナーと注射器を使用した抜き方について、外すときに必要な物と費用、手順とコツを紹介します。

    グリップ交換で外すときに必要な物と費用

    グリップパーツクリーナーと注射器を使用した場合のグリップ交換で外すときに必要な物は3つあります。

    必要な物の説明と費用を表にまとめました。

    交換に必要な物 説明 費用
    グリップパーツクリーナー グリップとシャフトの間に噴射して、グリップを滑らせるための液体。プラスチックにも使えるものを選ぶ 約500円
    注射器(化粧品用スポイト) グリップパーツクリーナーを注入するための道具。先端が細いものがおすすめ 約100円
    グリップ抜き器 グリップの先端に差し込んで、空気を送り込むための道具。エアーコンプレッサーに接続できるものが便利 約2,000円

    合計は約2,600円です。

    これらの値段はあくまで目安であり、実際には商品や店舗によって異なりますので注意してください。

    手順とコツ

    グリップパーツクリーナーと注射器を使った抜き方の手順とコツを紹介します。

      1. クラブのヘッドを床に置き、シャフトを立てる
      2. 注射器にグリップパーツクリーナー20cc~30cc程を吸い込ませる
      3. グリップのトップから8cmほどのところに針を刺す
      4. 注射器からグリップパーツクリーナーをグリップの内部に噴射する
      5. グリップを回しながら引っ張って抜く
      • パーツクリーナーはプラスチックにも使えるものを選ぶ
      • 冬場はシャフトを温めると抜きやすくなる
      • 溶剤の揮発時間を気にしすぎない

            交換溶液の代用として灯油を使っての抜き方

            交換溶液の代わりに灯油を使ってグリップを抜く方法について、外すときに必要な物と費用、手順とコツを紹介します。

            グリップ交換で外すときに必要な物と費用

            交換溶液の代用として灯油を使用した場合のグリップ交換で、外すときに必要な物は4つあります。

            必要な物の説明と費用を表にまとめました。

            交換に必要な物 説明 費用
            灯油 溶剤として使う。遅効性なので、焦らずに作業できる。 1リットルあたり約100円
            注射器 灯油をグリップの内部に注入するために使う。化粧品用スポイトでも代用できる。 1本あたり約100円
            テープ シャフトに巻いてグリップを固定するために使う。専用のグリップテープがおすすめだが、マスキングテープやセロハンテープでも代用できる。 1巻あたり約300円
            バイス シャフトを固定するために使う。ゴム板や布をあててシャフトをつぶさないように注意する。バイスがない場合は、手でしっかりと持って作業する。 1台あたり約3000円

            合計は約3,500円です。

            これらの値段はあくまで目安であり、実際には商品や店舗によって異なりますので注意してください。

            手順とコツ

            灯油を使った抜き方の手順とコツを解説します。

            1. グリップ先のエンドキャップをカッターで切る
            2. 注射器に灯油を入れて、グリップの穴へ注入する
            3. グリップを回したり引っ張ったりして灯油を均一に広げる
            4. バイスでシャフトを固定して、グリップをゆっくりと引き抜く
            5. 灯油やテープの残りを拭き取る
            • 灯油は多すぎるとシャフトにダメージを与えるため、少量ずつ注入する
            • グリップは引っ張りすぎると伸びてしまうので、ゆっくりと回しながら引き抜く

             

              エアーコンプレッサーでの抜き方

              エアーコンプレッサーを使用してグリップを抜く方法について、外すときに必要な物と費用、手順とコツを紹介します。

              グリップ交換で外すときに必要な道具と費用

              エアーコンプレッサーを使用した場合のグリップ交換で、外すときに必要な物は4つあります。

              必要な物の説明と費用を表にまとめました。

              交換に必要な物 説明 費用
              エアコンプレッサー 低圧タイプのものがおすすめ。空気を圧縮して送り出す装置で、エアノズルに接続する。 約10,000円から30,000円
              エアノズル グリップの穴に合わせたサイズのものを選ぶ。グリップ用の針金とエアコンプレッサーに接続する。 約1,000円から2,000円
              グリップ用の針金 グリップとシャフトの間に空気を入れるために使う。エアノズルに差し込む。 約500円から1,000円
              バイス シャフトを固定するために使う。ゴム板や布をあててシャフトをつぶさないように注意する。 約3,000円から10,000円

              合計は約14,500円から43,000円です。

              これらの値段はあくまで目安であり、実際には商品や店舗によって異なりますので注意してください。

              手順とコツ

              エアーコンプレッサーを使った抜き方の手順とコツを説明します。

              1. シャフトの先端にグリップ用の針金を差し込む
              2. シャフトをバイスで固定する
              3. エアノズルをグリップの穴に差し込む
              4. エアコンプレッサーのスイッチを入れて、空気を送る
              5. グリップがシャフトから外れるまで、エアノズルを回しながら引き上る
              • シャフトをバイスで固定するときは、傷がつかないように布やタオルなどで保護する
              • エアコンプレッサーの圧力が 高すぎると、グリップが破裂したりシャフトが曲がったりする

                  ゴルフクラブのグリップの交換時期の目安と注意点

                  ゴルフクラブのグリップの交換時期の目安と注意点

                  グリップ交換の適切なタイミングや注意点について解説します。

                  交換期間の目安

                  グリップ交換の目安となる期間について説明します。

                  ゴルフのグリップ交換の目安となる期間については、一般的には1年40ラウンドと言われています。

                  グリップが消耗してパフォーマンスが悪くなると、ショットの精度や飛距離に影響が出る可能性があります。

                  グリップ交換の時期を判断するには、以下のようなポイントに注意が必要です。

                  • 表面が滑りやすくなった
                  • グリップの色が変色していきた
                  • グリップの形が変形してきた
                  • グリップの硬さが変わってきた
                  • グリップに亀裂や割れが出てきた

                  これらの症状が見られたら、グリップ交換の時期です。

                  再利用の回数の目安

                  グリップの再利用が可能な回数は、1回が基本です。

                  グリップの種類や状態によっても異なりますが、一般的には、グリップを外すときに切らずに抜くことができれば、再利用することが可能でしょう。

                  その他の注意点(抜いたグリップの内側を洗浄、両面テープのつけ方や外し方)

                  抜いたグリップの内側の洗浄方法や、両面テープの適切な取り扱いについて説明します。

                  抜いたゴルフのグリップの内側の洗浄方法や、両面テープの適切な取り扱いについては、以下のような方法があります。

                  【グリップの内側の洗浄方法】

                  • ぬるま湯と中性洗剤のバケツに10分浸す
                  • 布やタワシで洗って、接着剤や汚れを落とす
                  • 水ですすいで、乾いた布で拭く
                  • 日陰で乾かす

                  【両面テープの適切な取り扱い】

                  • シャフトの先端からグリップの長さ分だけ両面テープを巻く
                  • テープの上からライターなどで炎を当てて、接着剤を溶かす
                  • 必要に応じてテープの厚みや幅を調整する
                  •  グリップが固定されるまで24時間程度放置する

                    新しいグリップを取り付ける方法

                    新しいグリップの取り付け方について解説します。

                    グリップ交換で取り付けるときに必要な物と費用

                    新しいグリップを取り付ける際に必要な物は3つあります。

                    必要な物の説明と費用を表にまとめました。

                    必要な物 説明 費用
                    両面テープ シャフトに巻いて、グリップと接着するために使う。幅や厚みは好みに合わせて選ぶ。 100円~1,500円
                    ライター 両面テープの上から炎を当てて、接着剤を溶かすために使う。やけどに注意する。 100円~500円
                    グリップインストーラー グリップの先端に取り付けて、シャフトに押し込むために使う。グリップのサイズに合わせて選ぶ。 1,000円~3,000円

                    合計は1,200円~5,000円です。
                    これらの値段はあくまで目安であり、実際には商品や店舗によって異なりますので注意してください。

                    手順とコツ

                    新しいグリップの取り付け手順とコツを解説します。

                    1. 古いグリップを上記の3つの方法で外す
                    2. シャフトに残った両面テープは、グリップ交換液をスプレーして拭き取る
                    3. シャフトに新しい両面テープを巻く。テープの先端はシャフトから1cmほど出す
                    4. グリップにグリップ交換液を噴射する。グリップの穴をふさぎ、振りながら液をまんべんなく広げる
                    5. グリップをシャフトに差し込む。テープの先端を折り返しておくと、滑りやすい
                    6. グリップが乾くまでしばらく放置する

                    自分で交換する場合は、火気や高温に注意してください。

                    ゴルフクラブのグリップの再利用に失敗しないための対処法

                    グリップ再利用に失敗を防ぐための対処法を提案します。

                    イオミックなどグリップ交換会に参加する

                    グリップ交換会への参加が、グリップ再利用の失敗を防ぐ方法の1つです。

                    グリップ交換会では、専門のスタッフがグリップの交換を行ってくれるため、自分で交換するよりも確実に仕上がります。

                    グリップ交換会では、イオミックのカラーグリップやオリジナルゴルフ用品を試すことができるため、自分に合ったグリップを選ぶことがでるでしょう。

                    グリップ交換会では、グリップの交換費用や価格が割引されることが多いため、コスパも良いいです。

                    イオミックのグリップ交換会情報は公式ホームページに記載されています。

                    愛用のグリップは業者(プロ)に交換依頼する

                    業者に依頼することで、グリップ交換の失敗を防ぎ、専門的な作業とアドバイスが受けられ安心です。

                    • グリップの掃除やメンテナンスも行ってくれる
                    • グリップの選び方や相性などについてもアドバイスしてくれる
                    • メンテナンスを行うことでグリップの寿命が伸びる

                    業者に交換依頼することで工賃はかかりますが、グリップの再利用に失敗しないためには必要サービスです。

                    ゴルフクラブのグリップ再利用に関するよくある質問

                    グリップ再利用に関する一般的な質問をまとめました。

                      ぜひ参考にしてください。

                      パターのグリップの抜き方や再利用も同じ方法ですか?

                      パターのグリップの抜き方や再利用は、他のクラブのグリップと基本的に同じです。

                      ただし、グリップの太さや形状によっては、グリップリムーバーが差し込みにくかったり、溶剤が流れにくかったりする場合がありますので、注意してください。

                      パターはゴルフスコアに大きく影響するクラブですので、自分に合ったグリップを選んで交換することが重要です。

                      スーパーストロークグリップの再利用方法は?

                      スーパーストロークグリップは、太さや形状が特殊なので、通常のグリップと同じ方法で抜くことが難しい場合があります。

                      その場合は、グリップの下に差し込む道具として、細い金属棒や針金などを使うと良いでしょう。

                      スーパーストロークグリップを再利用するメリットは、コストや環境への負担を軽減できること。

                      自分に合ったものを選んで交換しましょう。

                      ゴルフクラブのグリップ再利用におすすめの製品とアクセサリー

                      ゴルフクラブのグリップ再利用におすすめの製品とアクセサリー

                      グリップ再利用に適した製品やアクセサリーを紹介します。

                      グリップリムーバーの選び方と使い方

                      グリップリムーバーの選び方には、以下の3点に注意しましょう。

                      • サイズ:グリップの太さやシャフトの種類に合わせて、適切なサイズを選ぶ
                      • 材質:金属製や樹脂製など、材質によっても耐久性や使いやすさが異なる
                      • セット内容:注入用の注射器やスポイト、溶液などがセットになっているものを選ぶ

                      グリップリムーバーの使い方は、以下の手順で行います。

                        1. グリップの底にある小さな穴を開ける
                        2. 注射器やスポイトに溶液を入れて、穴からグリップ内部に注入する
                        3. リムーバーをグリップに差し込んで、グリップとシャフトの間に空間を作る
                        4. リムーバーを回転させながら引き抜きく
                        5. グリップ内部から溶液をかき出す
                        6. 水洗いして乾燥させる

                        乾燥時間は、一般的には数時間から一日程度かかります。
                        再利用する際は、完全に乾燥してから行いましょう。

                        遅乾性のものとしては、ラバーセメントや接着剤テープなどがあります。

                        両面テープの選び方と上手な使い方

                        両面テープは、グリップとシャフトを密着させるために必要です。

                        グリップのサイズに合わせて両面テープを選びましょう。

                        上手な使い方は、まずはシャフトに巻きつけ、その上から溶剤をスプレーして、グリップを素早く装着します。
                        その後は、溶剤が乾くまで待って、グリップとシャフトがしっかり固定されるのを確認しましょう。

                        加圧式グリップ抜き器の利点と使い方

                        加圧式グリップ抜き器は、両面テープや溶剤を使わずに、グリップを傷めにくく再利用できる利点があります。

                        使い方は以下の通りです。

                        1. グリップの先端に針を差し込む
                        2. 針がシャフトに当たらないように柔らかめの布で挿す周辺を覆う
                        3. 針を差し込んだら、グリップ抜き器に接続して空気を送る
                        4. 空気が入ると、グリップがシャフトから浮き上がる
                        5. グリップをゆっくりと引っ張って外す

                        グリップ抜き器は、空気圧で動くものや手動でポンピングするものがあります。

                        自分にあった使いやすいものを選びましょう。

                        エアーコンプレッサーの選び方

                        エアーコンプレッサーの選び方について解説します。

                        エアーコンプレッサーの選び方は、主に圧力と容量に注意します。

                        圧力は、グリップを外すのに必要な空気の強さで、一般的には0.5~0.8MPa程度で十分です。

                        容量は、空気をためるタンクの大きさで、小型のものでも3~5Lほどあれば問題はありません。

                        空気圧が高すぎると、グリップやシャフトが破損する恐れがあるため、安全に注意しましょう。

                        まとめ

                        本記事では、ゴルフ クリップ 再利用 抜き方や交換方法について詳しく説明しました。

                        1. 再利用に適したグリップの種類と特徴
                        2. グリップを再利用するための抜き方3選
                        3. グリップの交換時期の目安と注意点
                        4. 新しいグリップを取り付ける方法
                        5. 再利用に失敗しないための対処法
                        6. グリップ再利用に関するよくある質問

                          効果的な抜き方や交換方法を知ることで、グリップの寿命を延ばし、より快適なゴルフライフを送ることができますね。

                          この記事で紹介した手法の中から、自分に合ったグリップ交換方法を見つけてみてくださいね。

                          よかったらシェアしてね!
                          • URLをコピーしました!
                          • URLをコピーしました!

                          この記事を書いた人

                          コメント

                          コメントする

                          このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

                          目次