ネイルチップの再利用!繰り返し使う方法と最適な接着剤をご紹介

ネイルチップ再利用に最適な接着剤でお気に入りのネイルを繰り返し楽しむ

手元を美しく飾ってくれるネイルアートが簡単にできる!と人気のネイルチップ、皆さんはうまく再利用できてますか?

この記事では、

  • ネイルチップ接着剤の種類
  • メリット・デメリット
  • 用途ごとのおすすめの接着剤
  • はずし方と保管方法の注意点

    について詳しく説明します。

    チップを取り外すタイミングや、はずしたあとのネイルのお手入れの仕方まで、チップ再利用に必要な情報を網羅しました。

    記事を読めば、お気に入りのネイルチップを長持ちさせて無理なく繰り返し利用する秘訣がわかります。
    コスト削減や環境負荷の軽減にもつながります。

    紹介された接着剤のどれが自分のネイルに合うのか、ぜひ検討してみてくださいね。

    目次

    ネイルチップの再利用:可能な接着剤と不可能な接着剤

    再利用可能な接着剤とその特徴を理解すれば、ネイルチップを効果的に再利用できます。

    それぞれの接着剤には、メリットとデメリットがありますので、用途や好みに応じて選びましょう。

    再利用可能な接着方法

    再利用可能な接着方法には、両面テープ、粘着グミ、ワンタッチネイルグルーがあります。

    • 両面テープ
    • 粘着グミ
    • ワンタッチネイルグルー

    どの方法をえらんでも、お湯や水につければ簡単に外せますので、それぞれの特徴を理解した上で、用途に合った方法を選びましょう。

    ネイルグルーでの再利用方法

    ネイルグルーは、一般的に再利用が難しいとされていますが、お湯でオフできるネイルグルーを用いれば再利用が可能になります。

    お湯でオフすれば再利用可能

    お湯でオフすれば再利用可能

    リムーバーを使わずお湯でオフできるネイルグルーを使えば、ネイルチップを再利用できます。

    ネイルチップを再利用したい場合は、一般的なネイルグルーではなく水分やお湯で接着力が弱まるワンタッチタイプを選ぶ

    お湯でオフする際は、爪を傷めないように注意しましょう。

    再利用可能なネイルチップ接着剤の特徴とメリット・デメリット

    再利用可能なネイルチップ接着剤には、それぞれの特徴やメリット・デメリットがあります。

    自分のライフスタイルや好みに合わせて、最適な接着剤を選んでください。

    両面テープ

    両面テープは、貼るだけで簡単にネイルチップを固定できる便利なアイテムです。

    YFFSFDC 爪用両面テープ

    メリット

    ・簡単に貼り付け・取り外しができる
    ・ネイルチップの傷みが少ない
    ・接着力が比較的弱いため、爪に負担がかからない

    デメリット

    ・水に弱いため、水仕事が多い場合には向かない
    ・接着力が弱いため、手先を使う仕事には向かない
    ・長時間の持ちが期待できない

    両面テープは、かんたんに取り外せるのがポイントですね。

    粘着グミ

    粘着グミは、両面テープよりも接着力が強く、長持ちする接着剤です。

    ウイング・ビート ネイルチップ用グミ 粘着グミ PR-0001

    メリット

    ・簡単に貼り付け・取り外しができる
    ・ネイルチップの傷みが少ない
    ・両面テープより接着力が強く、手先を使う仕事中でもはずれにくい

    デメリット

    ・水に弱いため、水仕事が多い場合には向かない
    ・取り外しに少し手間がかかる
    ・使い方によっては、爪に負担がかかることがある

    粘着グミは、両面テープの上位互換のイメージです。

    両面テープより肉厚でやわらかいので、爪とネイルチップをしっかり接着できるのがよいですね。

    ワンタッチネイルグルー

    ワンタッチネイルグルーは、瞬間接着剤のように強力な接着力があり、水にも比較的強い接着剤です。

    ビューティーネイラー ジェルネイル ワンタッチネイルグルー

    ネイルアーティストや自分で気軽にネイルアートを楽しみたい人ご用達しのアイテム。

    メリット

    ・強力な接着力で、長時間の持ちが期待できる
    ・水に強く、水洗い作業程度ならば、はがれない
    ・ネイルのお手入れ全般に使用できる

    デメリット

    ・きれいに塗れるまでに慣れが必要
    ・お湯につける等、取り外しにひと手間かかる
    ・チップや爪に残った接着剤はがしの手間が発生する

    失敗しても何度でも繰り返せるワンチップネイルグルーは、ネイルアートの練習にもぴったりです。

    コスパも最強ですね!

    ネイルチップ接着剤、おすすめな爪と用途別

    それぞれの接着剤が、どのような爪や用途におすすめなのかを見ていきましょう。

    両面テープがおすすめな爪と用途

    両面テープは、爪に負担をかけず、短時間でネイルチップを取り外したい方や、水仕事が少ない方におすすめです。

    カーブが少なく平ぺったい爪だとスキマができて外れやすくなるためおすすめしません。

    日常の中の短時間、ちょっとした集まりや食事会などの間だけネイルをつけたいときにおすすめ

    粘着グミがおすすめな爪と用途

    粘着グミは、水仕事が多い方や、両面テープよりも長持ちさせたい方におすすめです。

    厚みと弾力性がありますので、爪のタイプを選ばず使用できます。

    イベントや立ち仕事などで長時間、ネイルチップをしっかり固定したい場合におすすめ

    ワンタッチネイルグルーがおすすめな爪と用途

    ワンタッチネイルグルーがおすすめな爪と用途

    ワンタッチネイルグルーは、接着力が強力ですので、幅広い用途に使用できます。

    • 長時間持つため、パーティーや結婚式などのイベントに参加するときにおすすめ
    • パソコン作業など指先を多く使ったり、水洗いが発生する場合も問題なし

    ただし、取り外しに手間がかかるため、短時間でネイルチップを交換したい場合は選択肢からはずれます。

    ネイルグルーがおすすめな爪と用途

    ネイルグルーは、一般的なネイルチップ接着剤で、強力な接着力があります。

    しかし、取り外しに手間がかかり、爪に負担がかかりやすいデメリットもあります。

    短時間の使用や、頻繁な取り外しが必要ない方におすすめ

    傷みにくいネイルチップの取り外し方とお手入れ方法

    ネイルチップを再利用するためには、傷みにくい取り外し方お手入れ方法が重要です。

    それぞれの接着剤に合わせた取り外し方とチップのケア方法を学びましょう。

    両面テープやシールの取り方とチップのケア

    両面テープやシールは、爪の先からそっとはがすことで簡単に取り外すことができます。

    取り外したチップは、テープやシールを剥がし、汚れを拭き取った後、乾燥した場所で保管してください。

    粘着グミタイプの取り方とチップのケア

    粘着グミタイプの接着剤は、爪の先から少しずつ力を加えてはがすことで取り外せます。

    チップは、粘着グミを剥がし、汚れを拭き取った後、乾燥した場所で保管してください。

    ワンタッチネイルグルーの取り方とチップケア

    ワンタッチネイルグルーで接着したネイルチップは、お湯に浸けて柔らかくなった状態で、爪の先から丁寧にはがしてましょう。

    チップは、グルーを取り除き、汚れを拭き取った後、乾燥した場所で保管してください。

    ネイルグルーの取り方とチップケア

    ネイルグルーで接着したネイルチップは、専用のリムーバーを使用して取り外してください。

    専用のリムーバーを使用したチップは、残念ですが、再利用はできません

    ネイルチップの保管方法:劣化や変形を防ぐために

    ネイルチップを長持ちさせるためには、保管方法も重要です。

    劣化や変形を防ぐための保管場所容器を選びましょう。

    保管場所の選び方

    ネイルチップは、直射日光に当たらない涼しい場所で保管することが望ましいです。

    湿気や高温も避けましょう。

    ・直射日光は、変色・色あせをおこす
    ・高温・湿気は、変形の原因になる

    ネイルチップは、直射日光の当らない所に保管してくださいね。

    保管容器の選び方

    ネイルチップは、一つずつファイルや封筒に小分けして保管してください。

    まとめて入れるのは避けてください。

    チップ同士がぶつかってアートがはげ落ちたり破損する原因になります。

    数が増えてきた場合は、ネイルチップ保管用のケースの利用も選択肢の一つです。

    ネイルアート装飾収納ボックス、真空偽ネイル、ネイルチップサンプルケース(ブラック)

    軽量コンパクト(24 * 19 * 4.5cm 662g) 丈夫な素材、柔らかくてお手入れ簡単。

    専用のケースを使用すれば、チップの数が増えてきても、衛生的に保管することが容易になりますね。

    衛生管理のためネイルチップは毎日外す

    ネイルチップは、爪の衛生管理をするために毎日外すことをオススメします。

    はずすサイクルを長くして、ネイルチップを長持させるよりも爪の健康を大切にしてください。

    長期間ネイルチップをつけ続けたせいで、チップとネイルの間にカビが発生したケースも報告されている

    爪に負担をかけないような、適切な取り外し方をマスターして習慣化しましょう。

    ネイルチップを外した後の爪のケア

    ネイルチップを外した後は、爪の保湿や栄養補給を行うことで、爪の健康維持に役立ちます。

    ウルンラップ 100%天然シアバター ネイル ペンタイプ

    ネイルオイルや保湿クリームを上手に使用して、爪をケアしましょう。

    再利用できなくなったネイルチップは可燃ごみで処分

    再利用できなくなったネイルチップは、おすまいの地域のゴミ分別ルールに従って処分しましょう。

    一般的に、ネイルチップはプラスチック製であり、可燃ごみとしての処分が推奨されることが多いです。

    ただし、自治体によっては分別が異なる場合があるため、必ず地域のゴミ分別ルールに従って処分してください。

    適切に処分して、環境にも配慮したネイルライフを楽しみましょう。

    まとめ

    今回はお気に入りのネイルチップを繰り返し再利用する方法と最適な接着剤について解説してきましたが、いかがでしたか?

    まとめると、

    • 再利用できる接着剤は3種類(接着力の弱い順に 両面テープ < 粘着グミ<ワンタッチネイルグルー)
    • お湯やお水でゆっくりはがす
    • 乾かして日光のあたらない場所に1つずつ小分けして保存する
    • 1日1回ははずして、爪の衛生・健康管理を必ず行う

      ということでしたね。

      紹介された接着剤のどれが自分のネイルに合うのか、ぜひチェックしてみましょう。

      よかったらシェアしてね!
      • URLをコピーしました!
      • URLをコピーしました!

      この記事を書いた人

      コメント

      コメントする

      このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

      目次