★N95マスクの再利用と保管方法:厚生労働省と専門家の意見まとめ

N95マスクの再利用は何回までか

N95マスクはウイルス対策に欠かせないですよね。

毎日使い捨て続けるコストや環境のことなどを考えるともっとうまく再利用できないの?と思っている方、朗報です。

この記事では、厚生労働省の指針と国内外の専門家のレポートを元に、安全で効率的なN95マスクの再利用保管方法について解説します。

記事を最後まで読めば、N95マスクを衛生的に無理なく再利用できる方法が理解できます。

記事内容を参考に、マスクの再利用への理解を深めましょう。

目次

N95マスクの再利用回数は何回まで?厚労省の指針

N95マスクは使い捨てるのが基本ですが、状況によっては再利用が可能とされています。

とは申せ、再利用の回数には限りがありますので、厚生労働省によるN95マスクに関する指針を確認しておきましょう。

再利用可能な回数と注意事項

[pruohtm] 95マスク
[pruohtm] 95マスク 立体型 不織布5層構造 高機能 3D加工 使い捨てマスク PM2.5対応 飛沫防止 ふつうサイズ 男女兼用 CNAS認定検査機関認証済み
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BS45PHN9/

厚生労働省によると、N95マスクは消毒・滅菌を行った上で2回までの再利用が可能です。

How can I safely reuse a mask?

You can re-wear a mask after you have stored it in a paper bag for a few days, according to the CDC and multiple experts we’ve interviewed for our respirator guide. The agency provides a simple strategy for healthcare workers that involves rotating used masks in brown paper bags, a variation of which was employed during the N95 shortage in the early days of the pandemic. The coronavirus has an expected survival time of about 72 hours, so waiting for, say, five to seven days should be enough time for it to be inactivated.

出典:WireCutter (NewYork Times社関連サイト)

風通しのよい場所に72時間置くだけで、N95表面に付着したウイルスは無害化するということです。 

N95マスクを複数用意して1日ごとに取り換える。

そして使ったマスクは最低3日、できれば5日間あけてローテーションする作戦が有効といわれる理由はこれだったのですね!

洗える?複数回使用する際のベストな方法

N95マスクは基本的に洗濯に耐えられない素材で作られているため、洗うことは推奨されません。

しかし、緊急事態においては、マスクを水と中性洗剤で優しく洗い、十分に乾燥させる方法が考えられます。

  • 界面活性剤入り(できればおしゃれ着洗い用)洗剤を使う
  • 手洗いで優しく押し洗い程度ですませる(すり洗いはNG)
  • 完全に乾かしてから使う

ただし、この方法ではマスクの性能が低下する可能性があります。

N95マスクを洗うのは、ほかに方法がない場合のみにしたほうが良いでしょう。

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスク使用後、再利用するまでの適切な保管方法についても確認しておきましょう。

紙袋を活用した保管方法

使用済みのN95マスクを保管する際は、紙袋に入れることが推奨されています。

紙袋は通気性が良く、湿気を逃がせるため、マスクの劣化を防ぐことができます。

紙袋ならかんたんに入手できますし、一度使用したN95マスクを保管するときには紙袋!と覚えておけばよいですね。

適切な状態での保管の重要性

保管する際は、直射日光や高温多湿を避けることが重要です。

また、マスクが他のものに触れないように保管することも大切です。

  • 直射日光のあたる場所は避ける
  • 高温多湿な場所は避ける
  • 他のものとすぐに当たるような場所は避ける


家族(特に小さなお子さん)やペットなどが間違って接触しないような配慮も大切です。

交差感染(別のものから感染してしまうこと)を防ぎましょう。

まとめ

N95マスクの再利用の指針の確認から、再利用のための滅菌方法・保管方法について、いかがでしたでしょう? 

有効な方法として、以下のことを順にみてきました。

  1. 過酸化水素水プラズマ滅菌器を使えば2回まで
  2. 過酸化水素水滅菌器を使えば10回までN95マスクを再利用可
  3. 使用後は紙袋に入れて風通しのよい場所に72時間保管
  4. アルコール消毒や手洗いはN95マスク再利用には適さない

すぐにでも実践したいと思われた方は、まずは、N95マスクローテーションで使えるように多めにストックしましょう。

ヴァングラフ起電機が気になった方は、より詳細な情報をみるとよいでしょう。

アルコール消毒による N95 マスクの品質保持に関しては、フィルター機能が約 40%低下することが示されている 。また、アルコール消毒による性能(空中浮遊ウイルス通過阻止能、空中浮遊粒子通過阻止能)劣化のため、アルコールは用いるべきではないと考えられる。

出典:日本呼吸器学会

アルコール消毒によって滅菌自体はできるのですが、代償としてマスクの性能がガクンと落ちてしまうのですね。

N95マスクの消毒にアルコールを使う際には十分この点を理解しておくことが必要です。

静電気で再利用可能にする技術開発

静電気を利用してN95マスクを再利用可能にする技術も開発されています。

この技術は、マスクの性能を維持しながら、繰り返し使用できることを目指しています。

ヴァングラフ起電機(楽天では、バンデグラフで検索)
https://www.amazon.co.jp/dp/B09DYQ822K
この機器は数十万ボルトの電位差を発生できます。

静電実験用の高電圧静電力源として、電荷の特性と分布を実証するために使用できます。

2020.12.17 

プレスリリース

【記者発表】コロナ下で不足するN95マスクの再利用手法を開発 ~静電気体験装置でマスクの静電気を復活させ、フィルター能力を回復~

○発表者:
杉原 加織(東京大学 生産技術研究所 講師)

○発表のポイント:
◆洗浄により一度失われたN95マスクの静電気をリチャージする手法を開発した。
◆ヴァンデグラフ起電機という、科学博物館などでよく見られる安価で安全な装置を用いる。
◆コロナ下で供給不足のN95マスクを含めたポリプロピレンフィルターの再利用の可能性を示唆するものである。

出典:東京大学生産技術研究所

「ヴァンデグラフ(バンデグラフ)起電機」と呼ばれる一般にも入手可能な機械で、N95マスクの再利用ができると発表されています。

2020年末にこの発表あった後2023年にいたっても、N95マスク用として一般に広く流通はしてはいません。

ですが比較的安価でしかも安全であることから、私どもとしましても、普及が待ち遠しいN95マスク再利用法の研究です。

N95マスクの洗浄と複数回再利用について専門家の意見

つづいてマスクとN95マスクの取り扱い方法の違いについて、専門家の意見を確認しておきましょう。

米専門家が提案するN95マスクを清潔に保つ方法と、複数回使用する際のベストな方法についてご説明します。

米専門家が提案する清潔に保つ方法

米専門家が提案する清潔に保つ方法(紙袋)

米国の専門家は、N95マスクを清潔に保つために、使用後は紙袋に入れて保管し、最低3日間(72時間)は使わずにおくことを提案しています。

How can I safely reuse a mask?

You can re-wear a mask after you have stored it in a paper bag for a few days, according to the CDC and multiple experts we’ve interviewed for our respirator guide. The agency provides a simple strategy for healthcare workers that involves rotating used masks in brown paper bags, a variation of which was employed during the N95 shortage in the early days of the pandemic. The coronavirus has an expected survival time of about 72 hours, so waiting for, say, five to seven days should be enough time for it to be inactivated.

出典:WireCutter (NewYork Times社関連サイト)

風通しのよい場所に72時間置くだけで、N95表面に付着したウイルスは無害化するということです。 

N95マスクを複数用意して1日ごとに取り換える。

そして使ったマスクは最低3日、できれば5日間あけてローテーションする作戦が有効といわれる理由はこれだったのですね!

洗える?複数回使用する際のベストな方法

N95マスクは基本的に洗濯に耐えられない素材で作られているため、洗うことは推奨されません。

しかし、緊急事態においては、マスクを水と中性洗剤で優しく洗い、十分に乾燥させる方法が考えられます。

  • 界面活性剤入り(できればおしゃれ着洗い用)洗剤を使う
  • 手洗いで優しく押し洗い程度ですませる(すり洗いはNG)
  • 完全に乾かしてから使う

ただし、この方法ではマスクの性能が低下する可能性があります。

N95マスクを洗うのは、ほかに方法がない場合のみにしたほうが良いでしょう。

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスク使用後、再利用するまでの適切な保管方法についても確認しておきましょう。

紙袋を活用した保管方法

使用済みのN95マスクを保管する際は、紙袋に入れることが推奨されています。

紙袋は通気性が良く、湿気を逃がせるため、マスクの劣化を防ぐことができます。

紙袋ならかんたんに入手できますし、一度使用したN95マスクを保管するときには紙袋!と覚えておけばよいですね。

適切な状態での保管の重要性

保管する際は、直射日光や高温多湿を避けることが重要です。

また、マスクが他のものに触れないように保管することも大切です。

  • 直射日光のあたる場所は避ける
  • 高温多湿な場所は避ける
  • 他のものとすぐに当たるような場所は避ける


家族(特に小さなお子さん)やペットなどが間違って接触しないような配慮も大切です。

交差感染(別のものから感染してしまうこと)を防ぎましょう。

まとめ

N95マスクの再利用の指針の確認から、再利用のための滅菌方法・保管方法について、いかがでしたでしょう? 

有効な方法として、以下のことを順にみてきました。

  1. 過酸化水素水プラズマ滅菌器を使えば2回まで
  2. 過酸化水素水滅菌器を使えば10回までN95マスクを再利用可
  3. 使用後は紙袋に入れて風通しのよい場所に72時間保管
  4. アルコール消毒や手洗いはN95マスク再利用には適さない

すぐにでも実践したいと思われた方は、まずは、N95マスクローテーションで使えるように多めにストックしましょう。

ヴァングラフ起電機が気になった方は、より詳細な情報をみるとよいでしょう。

(参考1) N95 マスクの再利用法の例

・過酸化水素水プラズマ滅菌器を用いた再利用法
米国において、一部メーカーと規制当局との連携により、手術器具の滅菌などに用いられている過酸化水素水プラズマ滅菌器の使用により、N95 マスクの滅菌及び再利用が可能であると示唆されていることを踏まえて対応すること。ただし、3回の再利用でN95 マスクの換気能が低下するため、再利用は2回までにすること。

・過酸化水素水滅菌器を用いた再利用法
米国において、一部メーカーと規制当局との連携により、手術器具の滅菌などに用いられている過酸化水素水滅菌器の使用により、N95 マスクの滅菌及び再利用が可能であると示唆されていることを踏まえて対応すること。10 回までの再利用が可能。

出典:厚生労働省

過酸化水素水プラズマ滅菌器を用いた場合は2回まで、過酸化水素水滅菌器を用いた場合は10回まで再利用可能という指針が示されています。

過酸化水素水滅菌器を使えば、意外にもN95マスクを10回まで再利用ができるというのは、とても心強いですね!

ですが過酸化水素水滅菌器は、2023年現在、専門業者見積もり取り寄せのようです。

N95マスクの消毒・滅菌の方法とポイント

N95マスクを再利用するには適切な消毒・滅菌が必要です。

滅菌器をつかう以外の一般的な方法として、アルコールを利用した消毒方法と、静電気を利用する方法と注意点についてご紹介します。

アルコールを利用した消毒方法の問題点

アルコールを利用した消毒方法の問題点

アルコール消毒は、N95マスクの消毒に一般的に用いられる方法ですが、実は大きな問題点があることが指摘されています。

アルコール消毒による N95 マスクの品質保持に関しては、フィルター機能が約 40%低下することが示されている 。また、アルコール消毒による性能(空中浮遊ウイルス通過阻止能、空中浮遊粒子通過阻止能)劣化のため、アルコールは用いるべきではないと考えられる。

出典:日本呼吸器学会

アルコール消毒によって滅菌自体はできるのですが、代償としてマスクの性能がガクンと落ちてしまうのですね。

N95マスクの消毒にアルコールを使う際には十分この点を理解しておくことが必要です。

静電気で再利用可能にする技術開発

静電気を利用してN95マスクを再利用可能にする技術も開発されています。

この技術は、マスクの性能を維持しながら、繰り返し使用できることを目指しています。

ヴァングラフ起電機(楽天では、バンデグラフで検索)
https://www.amazon.co.jp/dp/B09DYQ822K
この機器は数十万ボルトの電位差を発生できます。

静電実験用の高電圧静電力源として、電荷の特性と分布を実証するために使用できます。

2020.12.17 

プレスリリース

【記者発表】コロナ下で不足するN95マスクの再利用手法を開発 ~静電気体験装置でマスクの静電気を復活させ、フィルター能力を回復~

○発表者:
杉原 加織(東京大学 生産技術研究所 講師)

○発表のポイント:
◆洗浄により一度失われたN95マスクの静電気をリチャージする手法を開発した。
◆ヴァンデグラフ起電機という、科学博物館などでよく見られる安価で安全な装置を用いる。
◆コロナ下で供給不足のN95マスクを含めたポリプロピレンフィルターの再利用の可能性を示唆するものである。

出典:東京大学生産技術研究所

「ヴァンデグラフ(バンデグラフ)起電機」と呼ばれる一般にも入手可能な機械で、N95マスクの再利用ができると発表されています。

2020年末にこの発表あった後2023年にいたっても、N95マスク用として一般に広く流通はしてはいません。

ですが比較的安価でしかも安全であることから、私どもとしましても、普及が待ち遠しいN95マスク再利用法の研究です。

N95マスクの洗浄と複数回再利用について専門家の意見

つづいてマスクとN95マスクの取り扱い方法の違いについて、専門家の意見を確認しておきましょう。

米専門家が提案するN95マスクを清潔に保つ方法と、複数回使用する際のベストな方法についてご説明します。

米専門家が提案する清潔に保つ方法

米専門家が提案する清潔に保つ方法(紙袋)

米国の専門家は、N95マスクを清潔に保つために、使用後は紙袋に入れて保管し、最低3日間(72時間)は使わずにおくことを提案しています。

How can I safely reuse a mask?

You can re-wear a mask after you have stored it in a paper bag for a few days, according to the CDC and multiple experts we’ve interviewed for our respirator guide. The agency provides a simple strategy for healthcare workers that involves rotating used masks in brown paper bags, a variation of which was employed during the N95 shortage in the early days of the pandemic. The coronavirus has an expected survival time of about 72 hours, so waiting for, say, five to seven days should be enough time for it to be inactivated.

出典:WireCutter (NewYork Times社関連サイト)

風通しのよい場所に72時間置くだけで、N95表面に付着したウイルスは無害化するということです。 

N95マスクを複数用意して1日ごとに取り換える。

そして使ったマスクは最低3日、できれば5日間あけてローテーションする作戦が有効といわれる理由はこれだったのですね!

洗える?複数回使用する際のベストな方法

N95マスクは基本的に洗濯に耐えられない素材で作られているため、洗うことは推奨されません。

しかし、緊急事態においては、マスクを水と中性洗剤で優しく洗い、十分に乾燥させる方法が考えられます。

  • 界面活性剤入り(できればおしゃれ着洗い用)洗剤を使う
  • 手洗いで優しく押し洗い程度ですませる(すり洗いはNG)
  • 完全に乾かしてから使う

ただし、この方法ではマスクの性能が低下する可能性があります。

N95マスクを洗うのは、ほかに方法がない場合のみにしたほうが良いでしょう。

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスク使用後、再利用するまでの適切な保管方法についても確認しておきましょう。

紙袋を活用した保管方法

使用済みのN95マスクを保管する際は、紙袋に入れることが推奨されています。

紙袋は通気性が良く、湿気を逃がせるため、マスクの劣化を防ぐことができます。

紙袋ならかんたんに入手できますし、一度使用したN95マスクを保管するときには紙袋!と覚えておけばよいですね。

適切な状態での保管の重要性

保管する際は、直射日光や高温多湿を避けることが重要です。

また、マスクが他のものに触れないように保管することも大切です。

  • 直射日光のあたる場所は避ける
  • 高温多湿な場所は避ける
  • 他のものとすぐに当たるような場所は避ける


家族(特に小さなお子さん)やペットなどが間違って接触しないような配慮も大切です。

交差感染(別のものから感染してしまうこと)を防ぎましょう。

まとめ

N95マスクの再利用の指針の確認から、再利用のための滅菌方法・保管方法について、いかがでしたでしょう? 

有効な方法として、以下のことを順にみてきました。

  1. 過酸化水素水プラズマ滅菌器を使えば2回まで
  2. 過酸化水素水滅菌器を使えば10回までN95マスクを再利用可
  3. 使用後は紙袋に入れて風通しのよい場所に72時間保管
  4. アルコール消毒や手洗いはN95マスク再利用には適さない

すぐにでも実践したいと思われた方は、まずは、N95マスクローテーションで使えるように多めにストックしましょう。

ヴァングラフ起電機が気になった方は、より詳細な情報をみるとよいでしょう。

N95 マスクについては以下の考え方に基づき、可能な限り、効率的に使用すること。

○ 滅菌器活用等による再利用に努めること(参考1「N95マスクの再利用法の例」参照)。
○ 必要な場合は、有効期限に関わらず利用すること。

(中略)
※1 N95 マスクの継続使用に係る注意点
・目に見えて汚れた場合や損傷した場合は廃棄すること。
・N95 マスクを外す必要がある場合は、患者のケアエリアから離れること。

出典:厚生労働省

厚労省もN95マスクの再利用を推奨していますが、損傷や汚れがある場合は、廃棄するようにと注意しています。

また、再利用する際はマスクの内外を確認し、正しい面を向けることが重要です。

厚生労働省による新型コロナ対応

厚生労働省は、新型コロナウイルス対策の一環として、N95マスクの再利用に関する指針を発表しています。

それによると、一部の例外的な状況下で、再利用が許容されるとされています。

(参考1) N95 マスクの再利用法の例

・過酸化水素水プラズマ滅菌器を用いた再利用法
米国において、一部メーカーと規制当局との連携により、手術器具の滅菌などに用いられている過酸化水素水プラズマ滅菌器の使用により、N95 マスクの滅菌及び再利用が可能であると示唆されていることを踏まえて対応すること。ただし、3回の再利用でN95 マスクの換気能が低下するため、再利用は2回までにすること。

・過酸化水素水滅菌器を用いた再利用法
米国において、一部メーカーと規制当局との連携により、手術器具の滅菌などに用いられている過酸化水素水滅菌器の使用により、N95 マスクの滅菌及び再利用が可能であると示唆されていることを踏まえて対応すること。10 回までの再利用が可能。

出典:厚生労働省

過酸化水素水プラズマ滅菌器を用いた場合は2回まで、過酸化水素水滅菌器を用いた場合は10回まで再利用可能という指針が示されています。

過酸化水素水滅菌器を使えば、意外にもN95マスクを10回まで再利用ができるというのは、とても心強いですね!

ですが過酸化水素水滅菌器は、2023年現在、専門業者見積もり取り寄せのようです。

N95マスクの消毒・滅菌の方法とポイント

N95マスクを再利用するには適切な消毒・滅菌が必要です。

滅菌器をつかう以外の一般的な方法として、アルコールを利用した消毒方法と、静電気を利用する方法と注意点についてご紹介します。

アルコールを利用した消毒方法の問題点

アルコールを利用した消毒方法の問題点

アルコール消毒は、N95マスクの消毒に一般的に用いられる方法ですが、実は大きな問題点があることが指摘されています。

アルコール消毒による N95 マスクの品質保持に関しては、フィルター機能が約 40%低下することが示されている 。また、アルコール消毒による性能(空中浮遊ウイルス通過阻止能、空中浮遊粒子通過阻止能)劣化のため、アルコールは用いるべきではないと考えられる。

出典:日本呼吸器学会

アルコール消毒によって滅菌自体はできるのですが、代償としてマスクの性能がガクンと落ちてしまうのですね。

N95マスクの消毒にアルコールを使う際には十分この点を理解しておくことが必要です。

静電気で再利用可能にする技術開発

静電気を利用してN95マスクを再利用可能にする技術も開発されています。

この技術は、マスクの性能を維持しながら、繰り返し使用できることを目指しています。

ヴァングラフ起電機(楽天では、バンデグラフで検索)
https://www.amazon.co.jp/dp/B09DYQ822K
この機器は数十万ボルトの電位差を発生できます。

静電実験用の高電圧静電力源として、電荷の特性と分布を実証するために使用できます。

2020.12.17 

プレスリリース

【記者発表】コロナ下で不足するN95マスクの再利用手法を開発 ~静電気体験装置でマスクの静電気を復活させ、フィルター能力を回復~

○発表者:
杉原 加織(東京大学 生産技術研究所 講師)

○発表のポイント:
◆洗浄により一度失われたN95マスクの静電気をリチャージする手法を開発した。
◆ヴァンデグラフ起電機という、科学博物館などでよく見られる安価で安全な装置を用いる。
◆コロナ下で供給不足のN95マスクを含めたポリプロピレンフィルターの再利用の可能性を示唆するものである。

出典:東京大学生産技術研究所

「ヴァンデグラフ(バンデグラフ)起電機」と呼ばれる一般にも入手可能な機械で、N95マスクの再利用ができると発表されています。

2020年末にこの発表あった後2023年にいたっても、N95マスク用として一般に広く流通はしてはいません。

ですが比較的安価でしかも安全であることから、私どもとしましても、普及が待ち遠しいN95マスク再利用法の研究です。

N95マスクの洗浄と複数回再利用について専門家の意見

つづいてマスクとN95マスクの取り扱い方法の違いについて、専門家の意見を確認しておきましょう。

米専門家が提案するN95マスクを清潔に保つ方法と、複数回使用する際のベストな方法についてご説明します。

米専門家が提案する清潔に保つ方法

米専門家が提案する清潔に保つ方法(紙袋)

米国の専門家は、N95マスクを清潔に保つために、使用後は紙袋に入れて保管し、最低3日間(72時間)は使わずにおくことを提案しています。

How can I safely reuse a mask?

You can re-wear a mask after you have stored it in a paper bag for a few days, according to the CDC and multiple experts we’ve interviewed for our respirator guide. The agency provides a simple strategy for healthcare workers that involves rotating used masks in brown paper bags, a variation of which was employed during the N95 shortage in the early days of the pandemic. The coronavirus has an expected survival time of about 72 hours, so waiting for, say, five to seven days should be enough time for it to be inactivated.

出典:WireCutter (NewYork Times社関連サイト)

風通しのよい場所に72時間置くだけで、N95表面に付着したウイルスは無害化するということです。 

N95マスクを複数用意して1日ごとに取り換える。

そして使ったマスクは最低3日、できれば5日間あけてローテーションする作戦が有効といわれる理由はこれだったのですね!

洗える?複数回使用する際のベストな方法

N95マスクは基本的に洗濯に耐えられない素材で作られているため、洗うことは推奨されません。

しかし、緊急事態においては、マスクを水と中性洗剤で優しく洗い、十分に乾燥させる方法が考えられます。

  • 界面活性剤入り(できればおしゃれ着洗い用)洗剤を使う
  • 手洗いで優しく押し洗い程度ですませる(すり洗いはNG)
  • 完全に乾かしてから使う

ただし、この方法ではマスクの性能が低下する可能性があります。

N95マスクを洗うのは、ほかに方法がない場合のみにしたほうが良いでしょう。

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスクを再利用する際の保管方法と注意点

N95マスク使用後、再利用するまでの適切な保管方法についても確認しておきましょう。

紙袋を活用した保管方法

使用済みのN95マスクを保管する際は、紙袋に入れることが推奨されています。

紙袋は通気性が良く、湿気を逃がせるため、マスクの劣化を防ぐことができます。

紙袋ならかんたんに入手できますし、一度使用したN95マスクを保管するときには紙袋!と覚えておけばよいですね。

適切な状態での保管の重要性

保管する際は、直射日光や高温多湿を避けることが重要です。

また、マスクが他のものに触れないように保管することも大切です。

  • 直射日光のあたる場所は避ける
  • 高温多湿な場所は避ける
  • 他のものとすぐに当たるような場所は避ける


家族(特に小さなお子さん)やペットなどが間違って接触しないような配慮も大切です。

交差感染(別のものから感染してしまうこと)を防ぎましょう。

まとめ

N95マスクの再利用の指針の確認から、再利用のための滅菌方法・保管方法について、いかがでしたでしょう? 

有効な方法として、以下のことを順にみてきました。

  1. 過酸化水素水プラズマ滅菌器を使えば2回まで
  2. 過酸化水素水滅菌器を使えば10回までN95マスクを再利用可
  3. 使用後は紙袋に入れて風通しのよい場所に72時間保管
  4. アルコール消毒や手洗いはN95マスク再利用には適さない

すぐにでも実践したいと思われた方は、まずは、N95マスクローテーションで使えるように多めにストックしましょう。

ヴァングラフ起電機が気になった方は、より詳細な情報をみるとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次